アイキャッチ(PC用)
アイキャッチ(スマホ用)
  • 整体コースのキャンペーン中です!
キャンペーン(PC用)
「キャンペーンの整体コースを受けたい」とお伝えください!

HOME | 頭痛





郡山で頭痛に効果が期待できる整体を受けるならよつば鍼灸整体院   

頭痛でお悩みのあなたに    頭痛はなんらかの原因で頭が痛くなる症状をあらわしていますが、痛みがあると言ってもその中には色々な種類があります。
 
痛みはずきずき痛むものだけでなく、頭が重く感じるものなど人によってあらわれる症状は様々で、我慢できる程度のものから普通の生活を送れなくなる重度のものまで存在します。
 

  • 肩こりがひどく頭痛を感じる

日本人に多いタイプの頭痛が肩こりがひどく頭痛を感じるというもので、肩こりと頭痛が出現するタイミングに共通点があるというところが特徴です。
 
肩こりはデスクワークの人に多く見られますが最近では子どもでも肩こりを持つことがあるなど、さらに患者数が増えているようです。
 
肩こりは色々な原因で起こりますが、最も多いのは運動不足などで肩の筋肉を動かす機会が少なくなっているという状態でしょう。
 
今はからだを動かさなくてもできることが増え、一日の中で歩く歩数もわずかのみだという人も大勢います。
 
そうすると同じ姿勢を長く続けていることになり、腕を大きく動かすような機会はほとんどなくなってしまうのでしょう。
 
肩こりはただ運動不足だけが原因となっているのではなく、不自然な状態でからだを固定してしまうことが大きな原因であり、骨格に歪みのある人のほうが重度の肩こりを起こしやすいということがわかっています。
 

  • ②家でリラックスしているときに頭痛が起こる

他には家でリラックスしているときに頭痛が起こるというタイプの人もいます。
 
これは不思議なことなのですが、ある頭痛のタイプとして、緊張している時ではなくリラックスをしている時に出やすいという種類のものがあるようです。
 
リラックスしている時には頭痛も和らぎそうなイメージがありますが、リラックスをして血管が拡張することで起こる頭痛は、こういった時に症状が出やすくなります。
 

  • ③仕事が重なると頭痛を感じる

また頭痛とストレスとの関係は深く仕事が重なると頭痛を感じるという人もいます。
 
これはよく知られているものですが、仕事によるストレスが一定以上の大きさになってくると、精神的な苦痛が強くなり頭痛という症状となってあらわれてくるのでしょう。
 

  • ④寝るときに頭が痛くて眠れない

こういうタイプの頭痛もあります。
 
こういったものがあることで睡眠不足がさらに悪化するという悪循環になる人もいるようで、深刻な病状まで進行してしまう恐れのある頭痛です。
 
このような状態になってしまうと頭痛薬を持っていないと落ち着かないという気持ちになってしまい、一日中頭痛のことを考えて過ごさなくてはいけなくなることもあるようです。   
 

頭痛には色んなタイプがある

頭痛は細かく分けると非常にたくさんのタイプがあり、すぐに治療をしたほうが良いものから、様子を見ていて大丈夫なものまで様々です。
 
しかしどの頭痛の場合でも症状が軽いからといって楽観視していると、徐々に症状が強くなる危険があるので、少しでも症状がある場合には原因を突き止めておくほうが良いでしょう。
 

  • 筋緊張性頭痛

頭痛の中でも代表的なものが筋緊張性頭痛で、頭痛に悩む人の6割~8割が緊張性頭痛だと言われているほどです。
 
このタイプの頭痛は頭が締め付けられるようにぎゅーっと痛むことが特徴で、このタイプの頭痛を発症する人は年齢も性別もまちまちです。
 
そのため、誰でも起こる可能性があると言え、多くの人と関係が深いタイプの頭痛になります。
 
筋肉が緊張している状態が続くことで、頭痛を発症することが多いタイプで、肩こりを持っている人に多く見られます。
 
同じ姿勢を続けることで血流が悪くなってしまうことで肩こりや首の凝りを起こしますが、それが頭のある部位にまで症状が広がることで頭痛を発症すると考えられています。
 
頭につながっている血管は全て首の辺りを通っていることになるので、頭に通じている血管が狭くなることで、頭への血流が不足している状態になっているのでしょう。
 
筋緊張性頭痛の症状は後頭部を中心に頭全体が締め付けられる感じがするもの、鈍い痛みが一定の強さで朝から晩までずっと続く、軽いめまいを伴うことがあるといったことが他の頭痛との違いになります。
 
首や肩の血流が悪くなっていることがほとんどなので、その部位を温めると頭痛の症状もよくなることがあります。
 
これは凝っている部位で血管が狭く血流が悪くなっていると考えられ、その部位を温めることで血管を広げることができているためです。
 
温めて血管を広げられれば、その分頭への血流量が増えて頭痛の症状も改善するというわけです。
 
温める以外にもストレッチをしたり、軽い運動を行うことで血管を広げることができれば、頭痛も和らげられる可能性があります。
 
こういった種類の頭痛は原因となっている筋肉のコリをとらない限り、根本的な解決にはならないということが治療をする上で重要なことです。
 

  • ②片頭痛

もうひとつ違ったタイプに片頭痛があります。
 
片頭痛は頭の左右どちらかだけに症状がでることがあるので、このような名前がついています。
 
頭の片側だけに起こるタイプの痛みがある時には片頭痛の疑いがありますが、片頭痛は頭の両側に起こることもあるということを覚えておきましょう。
 
この頭痛の特徴はずきずきと脈打つような痛みがでて、血管が広がる時に痛みがでることが特徴的です。
 
筋肉の凝りを原因としている場合とは逆だというところがポイントで、リラックスをしている時に起こるタイプの頭痛になります。
 
痛みが起こり始めると、臭いや光、音に神経質になることがあり、少しのことでも症状が増強してしまいます。
 
痛みがでる部位はこめかみから目のあたりが多く、一部分に拍動痛が起こります。
 
片頭痛は誰でも発症する可能性がありますが、女性ホルモンとの関係が深いと言われているので女性に多く、特に20代~40代に多いとされています。
 
痛みは発作的に急にあらわれて数時間から数日間続くことあります。
 

  • 群発頭痛

群発頭痛は他の頭痛とは少し違っており、普段は痛みがでることがなくても、アルコールやタバコなどがきっかけとなり急激に頭痛の症状があらわれるタイプのものです。
 
20代~40代の男性に多く、他の頭痛に比べると患者数は少なめです。
 
痛みの種類が特徴的で目のおくがえぐられるような非常に強い痛みを伴います。
 
痛みは1~2か月ほど続き、その後はしばらく痛みがない期間が続き、また何かのきっかけで発作的に痛みがでるようになります。             
 

命に関わる怖い頭痛とは?

頭痛はこのように血管の中の血流が悪くなって起こるものや、血管の状態が変化することで起こるものが大半になりますが、まれに命に関わる怖い頭痛が隠れていることもあります。
 
頭痛は色々な病気に伴って起きる症状なので、原因がはっきりとわからないということがあるのですが、非常に強い症状を持つ場合にはからだのどこかに異常が起こっていることがあるので注意が必要です。
 

  • くも膜下出血による頭痛

急に意識を失うような強い症状を持つものがくも膜下出血による頭痛です。
 
脳を包んでいるくも膜という場所で出血が起こることで、脳に急激な変化が起こり頭痛という症状となってあらわれます。
 
くも膜下出血による頭痛はすぐに処置を必要とする種類のもので、命に関わる恐れがあります。
 
出血を起こす場所は動脈瘤といって、血管にできたこぶのような部位からとなります。
 
そのためこぶが破れて出血を起こすまでは、何も症状がないことが多く、出血をした瞬間に頭をハンマーで殴られたような強い衝撃のある頭痛が発生します。
 
あまりに強い痛みのため、意識を失うこともあり、気が遠くなるような感覚になることもあるようです。
 
動脈瘤は血管の壁の弱い部位にできますが、もともと血管にそういった部位がある人がなる病気です。
 
しかし出血が起こるまでは脳の血管に異常があることはわからないことが多いので、症状がでて初めて血管の異常に気付くという人がほとんどです。
 
出血をした部位が小さな血管である場合には、そこまで強い痛みを伴わないこともあり、検査をしても見つけにくいことがあります。
 
そういった場合には症状が強くなってから始めて、この頭痛はくも膜下出血による頭痛だったということが判明するという流れになります。
 
もしもいつもとは違った種類の痛みがある時にはくも膜下出血による頭痛の可能性もあるということを覚えておきましょう。
 

  • ②脳腫瘍による頭痛

急激に症状が出始めるくも膜下出血と違い、脳腫瘍による頭痛の場合には症状が徐々に強くなります。
 
脳の中に腫瘍というでき物ができることで、他の部位を圧迫して痛みを起こしますが、最初は気付かない程度の痛みを持つだけです。
 
腫瘍は目に見えないほどの小さなものが、成長して大きくなっていく過程があるので、小さなうちは何も症状がなく過ぎていきます。
 
脳のどこかの神経を圧迫したりすると頭痛という症状となってあらわれ、目の神経に関係する部位にできている時には目が見えなくなる可能性もあります。
 
脳腫瘍は全てが悪性だというわけではなく良性のものもあり、手術で取り去ることもできます。
 
しかし悪性のものや、良性でも大きさが大き過ぎるものなどは後遺症を残すことがあるので早く治療を行っておくことが重要です。
 
脳腫瘍は大きさが小さい時には検査をしても見つけられないこともありますが、症状がでている状態になっているものはすぐに発見することができます。
 
できる限り早く受診をして治療を開始することでリスクを最小限にすることができます。
 

  • ③髄膜炎による頭痛

他に危険な状態になる可能性があるものとして髄膜炎による頭痛があります。
 
これはウイルスや細菌に感染をすることで発症する病気で、首の後ろが固くなるという特徴的な症状を伴います。
 
首を前に曲げようとしても曲がらないという症状がある時には髄膜炎を起こしている可能性があると考えられ、すぐに適切な治療を行う必要があります。
 
感染症のひとつなので38度以上の発熱を伴うことが多く、骨の間を流れている髄膜を採取して検査すると、髄膜炎を起こしているかどうかがわかります。
 
ウイルス性のものは自然と治癒することもありますが、細菌性のものは死に至ることもあり症状が急に進むこともあります。
 
そのため髄膜炎が疑われる時にもすぐに受診をするようにしましょう。             
 

頭痛外来による一般的な治療とは? 

頭痛にはこのように非常にたくさんの種類があるので、もしも重篤な状態になる可能性のある頭痛かもしれないと感じた時にはすぐに病院に行き、精密検査を受けるようにします。
 
しかし、そういったタイプの頭痛はまれで多くの人が日常的に悩んでいるものは、からだの凝りや骨格のずれを原因としているものだという可能性が高いでしょう。
 
頭痛の治療は病院でも行うことができ、頭痛を治したいと思って受診した時に特別な原因がなければ痛み止めを使った治療が開始されることが多いと思います。
 
病院で行う治療は痛みをすぐにとるための内服治療がメインとなり、凝りをほぐすような治療は補助的に行う飲みとなります。
 
痛みどめだけでは頭痛がおさまらないという場合には神経をブロックする注射を使って、痛みそのものを脳が感じなくするような治療を行うこともあります。
 
こういった治療は長く続けることで副作用が起きやすくなるといったデメリットや薬による二次障害を起こす危険があるという特徴があります。
 
薬を使うと一時的に痛みがなくなりますが、これは根本的な治療をしているというわけではなく、症状を一時的に抑えているにすぎません。
 
そのため、何度この治療を行っても、薬の効果がなくなってしまうと再び痛みが戻ってきてしまいます。
 

よつば鍼灸整体院の頭痛整体について

よつば鍼灸整体院はこういったその場限りの治療ではなく、頭痛が起きている原因そのものにアプローチするような治療を行うことができる場所です。
 

  • ①頭痛のタイプを見極め、患者様の状態に合わせたオーダーメイド治療を提供

まず最初に頭痛のタイプを見極め、患者様の状態に合わせたオーダーメイド治療を提供します。
 
頭痛のタイプによって原因が違ってくるので、まずは現状をしっかりと把握することがとても重要です。
 
最初に頭痛のタイプを見誤ってしまうと、どんな治療を行っても効果を十分に出すことが難しく、場合によっては逆効果となってしまうこともあるでしょう。
 
そのため、よつば鍼灸整体院では最初のカウンセリングを非常に大切にしており、ひとりひとりに合わせたオーダーメイド治療を提供することにこだわっています。
 
体の状態は全ての人で違いがあるので、同じ種類の頭痛だったとしても、治療法には細かな違いがでてきます。
 
そこまでしっかりと個人の状態を見ることで、施術の効果を毎回適切なものに変化させていくことができます。
 
またその時々よって状態は常に変化をしています。
 
整骨院での治療を繰り返すことで、からだのゆがみが改善されてくることを考えると、その時の状態に合わせた施術を提供することの重要さがわかると思います。
 
最初から完璧な状態のからだに近づけることは難しいので、少しずつからだを変化させていく治療法のため、施術内容も同時に変化していきます。
 

  • ②肩こりなどの筋緊張からくる頭痛には猫背や頚椎のズレを矯正

そして、よつば鍼灸整体院は肩こりなどの筋緊張からくる頭痛には猫背や頚椎のズレを矯正します。
 
肩こりが関係している頭痛の場合には、肩こり自体をなくさない限り、頭痛は再発してしまい、何度も辛い症状を繰り返すという悪循環を断ち切ることができません。
 
そのため、頭痛の治療とはいえ、肩こりをなくすような施術が中心になります。
 
肩こりは同じ姿勢を続けている時によく起こりますが、その原因は普段の姿勢にも関係しています。
 
肩こりを持っている人は猫背の人に多く、背中が丸くなっていることで、血流が悪くなりやすい状態になっているからです。
 
猫背の人は背中が丸まっているだけでなく、骨盤が歪んでいることも多く、どちらか片側に傾いていると体に余計な負担がかかってしまいます。
 
そうすると、その部位をかばおうとして、からだに力が入ってしまい、その状態が長く続くことで筋肉の凝りを生じてしまうことになります。
 
この原因を取り除くためには猫背を改善させる必要があり、骨格の癖を治すことで骨格からからだの状態を変化させていきます。
 
また首の凝りを持つ人の中には頚椎がずれている人がたくさんいます。
 
頚椎は骨が重なった状態になっていますが、上下の骨の位置がずれてしまうと、それを補うために筋肉が緊張し、強い凝りの原因となります。
 
頚椎のずれは大きくなると骨の中を通っている神経にも影響を及ぼししびれなどの症状がでることもあります。
 
そうならないうちにしっかりとずれを治し、からだにとって無理のない状態にしていくことが大切でしょう。
 

  • ③自律神経の乱れから頭痛にはリラックスしやすいカラダへ調整

頭痛に関係しているものに自律神経があり、精神的なストレスが原因で起こっている頭痛の原因となりますが、よつば鍼灸整体院では自律神経の乱れから頭痛にはリラックスしやすいカラダへ調整します。
 
ストレスを受け続けていると、常にからだが緊張した状態になってしまい、リラックスする時間がとれなくなることがあります。
 
リラックスしようと思ってもからだも気持ちも自分でコントロールができない状態になってしまうと、自律神経の乱れを生じ、バランスが狂ってきてしまいます。
 
それが頭痛につながっていくことは容易に想像できるでしょう。
 
④整体を受けることでカラダ本来の自然治癒力をアップさせる
こうした整体を受けることでカラダ本来の自然治癒力をアップさせることが期待できます。整体はとてもメリットの多い治療法です。
 

頭痛以外のお悩みにもご相談ください。

このようにからだの中にある原因にアプローチする治療法なので、頭痛以外の症状を持つ場合にも効果を出すことができます。
 

  • 肩こりや腰痛について

まず肩こりや腰痛についても当院の整体にお任せください。
 
肩こりについては、色々な種類のタイプに適応していますし、原因をふまえた上で治療を行うので、からだの癖を改善できるという良さがあります。
 
また腰痛に関しても同じことが言えます。
 
腰痛も悩んでいる人の多い症状ですが、からだに病気のような明らかな異常がある場合と、そうではない場合があります。
 
病気がある場合には病院での治療をする必要がありますが、からだの使い方が間違っている場合には整骨院での治療が有効です。
 
肩こりと同じように、からだのゆがみがあることで腰に過度の負担がかかっている人は多く、からだのゆがみを直すだけで腰痛が改善したという人もいます。
 
腰痛は骨盤のずれを関係して起こることが多いので、産後の女性など骨盤のずれを起こしやすい人にもおすすめの治療法です。
 
よつば鍼灸整体院では、産後のからだの悩みにも対応しているので、腰痛だけでなく産後のからだの調子がなんとなく悪いという場合にも相談をしてみると原因がはっきりするかもしれません。
 

  • ②骨盤からズレからくる不調に

骨盤からズレからくる不調に産後の骨盤矯正は非常に効果が大きく、なんとなくからだが重たいと感じている人の多くが産後の骨盤のずれを持っています。
 
出産前後は骨盤の状態が大きくかわるので、気付きにくい人も多いのですが、産後に普通の生活を送っている場合にはほとんどの人が骨盤のずれを起こすと言われているようです。
 
出産をする時には赤ちゃんが産道を通れるように広くする必要があり、そのために骨盤が緩みやすくなっています。
 
通常では考えられないほど緩んだ状態になっているので、自然に元に戻る力があるとはいえ、意識をして骨盤矯正を行わないと骨盤が開いたままになってしまいます。
 
産後は赤ちゃんの世話などで忙しく動く必要のある人が多く、安静にしている暇がありません。
 
骨盤が元の状態に戻るまで安静にしていることができればいいのですが、ほとんどの人が無理をして動きだしてしまいます。
 
そして骨盤のずれに気付かないまま生活を続けていると、その状態でからだの癖がついてしまい治りにくくなるという悪循環に陥ってしまうことがあります。
 
産後なるべく早い時期に骨盤矯正を受けておけば、その後のガードな育児生活にも耐えられるからだを手に入れることができるでしょう。
 

  • ③整骨院を併設しているのスポーツによる怪我の施術も可能

他には整骨院を併設しているのスポーツによる怪我の施術も可能です。
 
スポーツによる怪我は特殊な状態になっていることが多く、スポーツの種類によって適切な治療法が変わってきます。
 
普段の生活では使わない部位の筋力を強く必要とするものなど、スポーツの種類に応じた治療を行わないと、怪我をした後に、そのスポーツを続けることが難しくなってしまうこともあります。
 
そういった治療は非常にデリケートなので、適切な治療を受けられる場所を探すことがとても重要な意味を持ちます。
 

  • ④交通事故によるむちうちや後遺症もご相談ください

他に多いのは交通事故によるからだの不調です。
 
よつば鍼灸整体院では整骨院を併設しているため交通事故後のトラブルにも対応しているので交通事故によるむちうちや後遺症もご相談ください。
 
むちうちは事故が起きてからすぐに症状がでることもありますが、中には数日間は無症状でそれから症状が出始めるというタイプのものも存在します。
 
そのため、事故直後には後遺症がないと思っていても、時間が経ってから症状がでることがあり、十分に注意をしておくことが大切です。
 
むちうちは一度なってしまうと症状が長期間続くこともあり、数年間にわたってからだの調子が悪いという人もいます。
 
そういったも根本的な治療を受けることで症状を解消できる可能性があります。
 
頭痛のお悩みやその他のカラダの不調を抱えている方は郡山市のよつば鍼灸整体院にお気軽にご相談ください。

郡山よつば鍼灸整体院フッター
  • こちらの記事の監修者
監修:阿部純治(柔道整復師)
監修者:阿部純治
柔道整復師・整体師
 
株式会社May-Plus  代表取締役
 
塚原整形外科、株式会社クラシオンの勤務経て、平成23年日の出整骨院を開業。
翌年、足立区にファミリア整骨院を開院。
 
柔道整復師免許

現在
社内のスタッフ教育や社内の労働環境の改善化を中心に、その他、ホームページ制作の監修者や健康情報サイトの運営など多岐に渡って執筆活動中。 

 

エキテンメダル
郡山市×接骨・整骨部門
郡山市×整体部門
郡山市×カイロプラクティック部門  
お客様の声
施術を受ける3つのメリット
 
よつばLINEバナー
交通事故施術可能
むちうち治療